アークネスさんのアートギャラリーにお邪魔してきました。

No Comments

本日は、東京都台東区谷中にあるかばん・バックメーカー アークネスジャパンさんにおじゃましてきました!!

ひょんなことから色々と絡ませて頂いているアークネスジャパンさん。
イオンやしまむらを始め、ドン・キホーテなどで見かけるバックは、ほとんどアークネスさんで作られているとのこと。

他を寄せ付けない高クオリティかつ高機能性のバックたちは、多くのユーザーに愛される逸品ばかり。
普段使いに最適な機能性とタフさを兼ね備えたバックはどこで作られているのか、自社のアートギャラリーも出来たよ!
とご連絡頂いたので、早速突撃晩御飯してまいりました。

まずはアートギャラリーから。
1
夜にお伺いした為、閉館ギリギリでしたがドンとインパクトのあるキャンバスがお出迎え。
今日展示されていた方はこの人。
「方敏 fun min」さん。
4
ついこの間、中国の大きな展示会で金賞を受賞され、人気急上昇中とのこと。
正直私は、アートに詳しくありませんが、表情豊かでリアリティのある絵は非常に見ごたえありました。

32

方敏さんのアートが整然と美しく飾られ、その他様々なグッズなども展示中。すいません、販売しているのか聞くの忘れましたm(_ _)m
これからアートギャラリーを通じて様々なアーティストの方々と交流を深めていきたいとのこと。

所変わって、2階のアトリエへ
やばい、入り口取らずに食べ物を撮ってしまった、、、、。

5

ワイン好きすぎて仕事忘れました。すいません。

ところ狭しと並ぶバックの数々。

67
アクティブ&ファンクションをコンセプトに展開するアークネスさんのバックは実用的かつ機能性に優れたバックが売り。
デザインも細部のディティールまで丁寧に仕上げられ、気張らない値段と共に、多くのファンに愛されています。

8 10

テーブルの上には、展示会用の新作も。非常に趣のあるアトリエでした。

13

創業者の木村社長。
北は北極、南は南極まで飛び回るスーパーマン。
今年は、南極マラソンにも出場し、無事完走とのこと。
一体いくつなんだ?!と思うほどアクティブさ溢れる木村社長。
南極を走破し、ラリーでは砂漠を超え、ロードバイクも相当早い。
しびれました、この体力と行動力。

「生きるとは呼吸することではない。行動することだ。」
そんなルソーの名言が似合う方です。


9

 

和気あいあいと楽しむ一同。
すいません、なんか自分だけ、態度大きい人みたいになってますが、ちゃんと聞いてます。

ヴァイブスデザインのとある1日でした。

ヴァイブスデザインのオフィシャルアカウントです。